サプリメントの副作用

サプリメントの副作用

サプリメントの副作用が気になる人は多いようです。

薬とサプリメントは違うものなので、サプリメントの副作用リスクは低いと見なされています。
ただし、サプリメントによっては、薬を飲んでいる人やお腹に赤ちゃんがいる場合には使えないものもあります。
何らかの薬を使用していたり、授乳や妊娠をしている人がサプリメントを使う時には、担当の医師に相談するといいでしょう。

病院からサプリメントについての指示があることは、かつては少なかったようです。
ですが、健康補助食品の分類になるとはいえ、
サプリメントの利用について医者がノータッチではいられない状況になりつつあります。

97年の規制緩和も手伝ってビタミン・ミネラル・イチョウ葉等のハーブ類約200種類が、
食品と明示し、効能や効果をうたわない事を条件に、錠剤の様な形状で市販出来る様にもなっています。

一年で12桁の金銭が動くほどのサプリメントのマーケットが、日本には出来上がっています。
同時に、サプリメントと常用薬との相互副作用にも注目しなければいけなくなってきています。

サプリメントである限り絶対に副作用は皆無とは断言できない場合もあるようです。
ですが、毎日が忙しく外食の機会が多くならざるをえない現代の人々にっては、
栄養補助を目的としたサプリメントはとても重要な存在です。

サプリメントを摂取する本人が、自分に責任を持って副作用はもちろん、
正しい知識を持ってサプリメントを選択する事が大切なのです。

アメリカでのサプリメント副作用について

アメリカでは、サプリメントの副作用はどうなのでしょう?

サプリメントにわかりやすい表示をつけて詳細なデータを求める一方、
どのサプリメントを購入するかは購入者の選択次第という状況が、アメリカでは法律で決まっています。
今のところ日本はその逆で簡単に言えば、サプリメントの効能の情報は開示せず、
選択は厚生省任せといった状態です。

吐き気や頭の痛み、腹下しなどの症状がサプリメントの副作用で現れたという例は、
実のところアメリカでは少なくなく、様々な例が上がっているといいます。

これはサプリメントの過剰摂取・副作用による健康被害の一例ですが、
中には死亡者が出て問題になっているケースもあります。

日本国内でも、エフェドラという中国のハーブの取り扱いが問題視されたことがあります。
痩せたい人に効き目があるハーブとして、エフェドラは日本では薬扱いでしたが、
アメリカではサプリメントとして広く販売され使われていました。

エフェドラは今では販売が認められていません。
サプリメントに副作用はないかというと薬品よりはないですが、
皆無といっていいかというとそうではないようです。

副作用や体への悪影響を回避するには、使い方をきちんと守る必要があります。
抵抗力が落ちている場合や調子が良くない時にサプリメントを摂取すると、
副作用の可能性が高くなることもあります。

サプリメントは、正しく使えている限りは健康増進や病気予防に効果的ですが、
副作用を防ぐため、使い方を誤らないようにしましょう。

最近、人気の高いサプリメントと言えば、やっぱりグルコサミンサプリメントですね。
歳を重ねて疲れた膝関節などは、どうしても軟骨がすり減り、膝関節が自由に動きません。これを助ける役割をするのが、グルコサミンのサプリメントです。
これらは、グルコサミンだけではなく、コンドロイチンや、ヒアルロン酸などと一緒に配合されることが多く、いろいろなメーカーの商品が発売されています。